袴のたたみ方や洗い方、アイロンがけについて、また上衣の洗濯方法など弓道衣のお手入れ方法を伝授します。きちんと適切な処置をすることで、弓道衣は長持ちします。

袴の洗い方

  • ヒダを整えて綺麗に畳んで、腰板を内側に畳み込み、目の細かい洗濯ネットに入れます。
  • 液状の洗剤(粉末の洗剤を使うと溶け残りが袴の折り目に残る場合があります)を少なめに入れ、洗濯機は「手洗い」又は「ドライ」モードで洗います。
    ※お湯は使わないで下さい。
  • 洗い終わったら短時間の脱水をして干して下さい。その際、軽くヒダの部分を引っ張ります。そうすると乾いた時にもヒダが綺麗に残ります。
    ※ 乾燥機を使うと縮むことがありますので基本的に使用しないでください。
    汚れが少ない場合は、布で拭き取るか、軽く手洗いすることをおすすめします。

袴の干し方

袴の乾かし方は、日に当たらない陰干しです。
太陽の日が直接当たる天日干しをすると色が変色したり、色落ちの原因となります。ウエスト部分を前後に開き、集合型洗濯バサミで挟んで干します。
ヒダが崩れないように、裾を洗濯バサミで挟んで伸ばして干して下さい。
その際、裾に跡が付かないように当て布の上から挟んで下さい。

袴のアイロン方法

袴のアイロン方法

ヒダをそろえた時に、裾と中心のあたりにヒダがズレないように、ガムテープをヒダに対して直角に貼っておきます。
アイロンをかけたら、そこにガムテープを移動させて、まだかけていないところにアイロンがけします。
しつけ糸のかわりです。
ガムテープにはアイロンをかけないようにして下さい。

 

ページ先頭へ